キャッシングローンの審査に落ちる理由について

住宅ローンやマイカーローン、そして教育ローンを借りる際には必ずはっきりとした用途を定めないと利用できません。しかしキャッシングやカードローンに関しては特に用途を決めずに利用できるとあって、若い人を中心に多くの人が利用しています。

しかし誰でもお金を借りられるというわけではなく借り入れの際は必ず審査があり、審査に合格しない人もいます。

属性の数値が一定基準を満たしていなかった

ローンを借りるときには必ず審査を受けることになります。借り入れの申し込みをする際には住所や氏名、勤務している会社や勤続年数、そして年数などを記載しますが、消費者金融はそれらの情報をもとに属性と呼ばれる専用の基準によって評価します。

この属性の評価が一定の基準を満たしている人に対して金融会社はお金を貸し出すことになっています。つまり属性の数値が一定以上の基準を満たしていない場合はいかなる場合であってもお金を貸し出すことはありません。

例えばローンの審査において、年収はとても重要な審査基準となっています。単純に年収が多ければそれだけ返済に回せるお金も多くなるとみなされるため、審査にはとても有利に響きます。しかし金融会社が重要視しているのは年収の多さだけではありません。

それ以上に重視しているのが、その収入を安定して得ることができるかどうかです。いくら年収が一般の人よりも多かったとしても、その収入を安定して得られないのであれば、お金を貸し出したとしても必ず返済できるだけの経済力があるとは見なされません。

よって審査では厳しい評価を下されます。たとえアルバイトだったとしても毎月途切れない安定した収入が保証されていれば審査の際に高い評価を受けることとなり、合格する可能性は高くなるでしょう。収入に関して審査に合格するかどうかを大きく左右する基準の1つに勤続年数があります。

キャッシングの審査を受けようとする人がすぐに仕事を辞めて職を転々としているような人であれば、たとえ今は正社員として働いていてもこの先の保証が出来ないので金融会社側もお金を貸そうとは思わないでしょう。金融会社にこの人の収入はこのままの状態で安定していくだろうと思わせるにはそれなりに長期間働いたという実績が必要です。

先程も少し触れましたが、勤続年数に関しても一定の期間以上同じ職場で働き続けていれば、たとえアルバイトであっても高い評価は得られるのです。また安定した収入と勤続年数ほど大きな影響はありませんが、どこで働いているかも審査の際の評価基準になります。

誰もが知っている有名な大企業に勤めていれば単純にその会社が倒産する心配がなく、収入が突然途切れることはないだろうと思われるため、審査の際に有利になります。

『即日で利用できるキャッシングサービス』

合格する可能性をアップさせるために属性を自分でチェックする

以上のように金融会社側がなにを基準にしてお金を貸し出すかどうかを把握していれば、実際に利用する前に自分でセルフチェックをすることが可能です。自分が今現在、どういった会社でどのような雇用形態で勤務しているか、そして今まで最長でどれくらいの期間働き続けたかや年収はいくらもらっているかなど、勤務形態や収入に関してのチェックをおこなってみてください。

そして忘れがちですが、ローンを利用する際に年齢はかなり大きな要素となっています。借り入れの審査の際に有利となる年齢は20代後半から50代後半までのいわゆる働き盛りと呼ばれる世代です。これよりも若い年齢の人や高齢の人は審査の際に厳しい目で見られることを覚悟しておきましょう。

また審査の際に不利になる職業というのがいくつかあります。具体的には水商売や風俗業、そして小説家や芸能人などです。彼らは収入が不定期であることや、人気商売であるために現在の収入がいつまでも続くとは限らないといった特徴があります。

逆にリストラされる心配がなく、安定した収入が保証される大会社に長期間務めている正社員や公務員などは高い評価を受けることがほとんどです。

信用情報に不利な情報が記載されていた

金融会社からローンの借り入れを行う際に場合によっては収入以上に大きな影響を及ぼすのが、借り入れをしようとしている人の信用情報です。

金融会社は信用情報と呼ばれている独自の個人情報を共有しています。信用情報には1人1人どういった理由でお金を借入し、どういった形で返済していたかについて事細かに記録されています。例えば現在すでにほかの会社でローンの借り入れをおこなっている場合、その人は借金を抱えている状態ということになります。

返済をしている状況でも無理のない範囲の借入であれば審査に合格するでしょうが、明らかに返済するだけのお金の余裕がないと判断された場合はお金を貸しても返ってこない可能性が高いため、審査に落ちる可能性が高くなります。

金融会社によって基準は異なりますが、同時に3社以上から借り入れをしている場合はまず審査に合格しません。ほかの会社からの借り入れがある場合は、まずその返済を済ませてから他の会社で借入する事を検討した方が良いでしょう。

審査の基準となる信用情報は現在のものだけではなく、過去の借り入れ状況も審査の対象となります。特に返済をしていた際に、何らかの理由で一定期間以上の滞納が認められた場合はブラックリスト入りすることになります。

ブラックリストに入っているかどうかは本人には通知されませんが、信用情報でブラックリスト入りになっていると一定期間はあらゆるローンを組むことができません。もしも長期間滞納した経験があるならば、当分の間ローンを利用するのは止めておいたほうが良いでしょう。

在籍確認が取れなかった

金融会社は審査によって一定の基準が満たされていることを確認すると、最終的なチェックとして在籍確認をおこなっています。在籍確認は担当者が記載されている会社に電話をかけ、実際にその会社に在籍して勤務しているかを確認するためにおこないます。

この在籍確認が取れないと、せっかく審査に合格しても融資を受けることはできません。

希望借入額が大きすぎた

申し込みの際にお金をいくら借りたいのか、希望借入額を記入する欄がありますが、ここに記載されている借入額が収入と比べて明らかに大きすぎる場合も審査に落ちます。借り入れの際は返済計画を立て、必ず返済できるお金を借りるようにしましょう。

参考リンク...カードローン消費者金融